コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歓喜院聖天堂

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

歓喜院聖天堂

真言宗の聖天山歓喜院長楽寺の本殿。平家物語にも登場する斎藤別当実盛(さねもり)が1179年、聖天宮を開いたとされる。次男の六実長(ろくさねなお)が出家後の1197年、歓喜院を開創した。数回再建された後、1670年、大火で消失した。1735年、林兵庫正清らが再建に向け着工。正清他界後の60年、子の正信が現在のお堂を完成させた。1984年、国の重要文化財に指定。本尊の歓喜天も国の重文秘仏

(2012-05-19 朝日新聞 朝刊 埼玉全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

歓喜院聖天堂の関連キーワード吉川(兵庫県)三木市真言宗熊谷市吉川

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歓喜院聖天堂の関連情報