コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止む・已む・罷む やむ

大辞林 第三版の解説

やむ【止む・已む・罷む】

( 動五[四] )
それまで続いていたことが、切れて続かなくなる。 「雨が-・む」 「騒ぎが-・む」
しないですませる。実行されずに終わる。 「御発展を願って-・みません」 「及ばざる時はすみやかに-・むを知といふべし/徒然 131
物事の決まりがついて、終わりになる。 「倒れてのち-・む」 「撃ちてし-・まむ/古事記
感情・痛みなどがおさまる。 「あふ日ならでは-・む薬なし/拾遺 恋一」 〔「止める」に対する自動詞〕
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android