止める・已める(読み)やめる

大辞林 第三版の解説

やめる【止める・已める】

( 動下一 ) [文] マ下二 や・む
続けてきたことを、終わりにする。 「タバコを-・める」
しようとしていたことを、しないことにする。 「雨なら外出は-・めよう」
病気をなおす。 「かい拭ひたるやうに-・め奉りたりしかば/枕草子 259」 〔「止む」に対する他動詞〕
[表記] やめる(止・辞)
「止める」は“終わりにする。中止する”の意。「已める」とも書く。「タバコを止める」「付き合いを止める」「旅行を止める」  「辞める」は“仕事や職を離れる”の意。「罷める」とも書く。「会社を辞める」「委員を辞める」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android