止・留(読み)とめ

精選版 日本国語大辞典の解説

とめ【止・留】

〘名〙 (動詞「とめる(止)」の連用形の名詞化)
[一] 動いているものをとめること。また、動かないようにとめるためのもの。
① 動かないようにすること。やめさせること。また、そのためのもの。
※労働者誘拐(1918)〈江口渙〉「扇の端に止めがあるので、〈略〉少しも刃先がぐらつかない」
② 二つの木材が直角またはある角度で出あうとき、その角を折半して接目をもうけたもの。〔名語記(1275)〕
③ 穴などをふさぎとめること。また、そのもの。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉六四「其中へ松脂(まつやに)を詰めて止めを致して置きました」
④ 生花(いけばな)で、挿花の根もとにつけてゆるまないように固めとする草花など。根締(ねじめ)
⑤ 糸が抜けないように縫糸の端に作る小さな結び目。
⑥ 屋根を葺くのに用いる薄い板。
※日葡辞書(1603‐04)「Tomeuo(トメヲ) アワスル」
[二] 継続していたものごとの終わり。また、最後のもの。
① 続けてきた動作・表現などの最後。結末。
※申楽談儀(1430)音曲の心根「又うつくしくうたふ斗にて、とめにきっとなき也」
② とくに狂言で、一曲の終結の型。とめ方。
※天正本狂言・鶏聟(室町末‐近世初)「かち時つくってぞ帰りける。時つくる。とめ」
③ 富くじで、最後に突いて当てるもっとも賞金の多い札。最後のあたりくじ。つきどめ。
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)中「一からとめまでありたけ出ました」
④ 相撲で、最後の取組。結びの相撲。
※歌舞伎・櫓太鼓鳴音吉原(1866)四幕「何でも止(ト)めの角力が、当時日の出の明石関と仁王関だから」
⑤ あとが生まれないようにという願いをこめて、生まれた子につける名。また転じて、末っ子。
※俳諧・広原海(1703)一「とめの名の次の子捨る無縁坂」
⑥ 取引所で、立ち会いの終わり。また、立ち会いのしまいの相場。止相場(とめそうば)
※朝野新聞‐明治一一年(1878)六月二〇日「摂津米五円六十九銭〈略〉留六円廿三銭五厘」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android