コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正俊 まさとし

大辞林 第三版の解説

まさとし【正俊】

江戸初期、山城の刀工。美濃国関の兼道の四男。越中守。三品みしな派の基礎を築く。兄金道・吉道も良工であるが、正俊は覇気ある作刀で最も名高い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

正俊の関連キーワードアリステイデス(弁辞家)シリウス・イタリクス大阪府枚方市長尾宮前いつか読書する日大坂屋長右衛門ヒペレイデスフランキー堺正俊(初代)ヘリオドロスゼノドトス北京的西瓜イサイオス生駒騒動ロンゴスソフロン生駒高俊恩地左近横田秀雄小池琴河堀田正高

正俊の関連情報