正岡 国男(読み)マサオカ クニオ

20世紀日本人名事典の解説

正岡 国男
マサオカ クニオ

昭和期の写真家 広島写真連盟会長。



生年
明治41(1908)年11月28日

没年
昭和53(1978)年4月7日

出生地
広島県広島市

本名
正岡 登(マサオカ ノボル)

学歴〔年〕
広陵中卒

経歴
大正14年頃から写真をはじめ、昭和3年より広島でアマチュア写真団体広島ハイキー倶楽部を主宰。その傍らで写真雑誌でも作品の発表を行い、12年中国写真家集団の創立に参画、中心メンバーとして活躍した。19年兵役に召集され、終戦後に帰郷。実家が原爆の被害に遭い作品やネガを失ったが、大深美野路・上野正雄と共にトリオ写場を設立するなど、すぐに活動を再開した。22年広島写真サロンを創立、次いで広島写真連盟を興して32年には同会長に就任し、広島県の写真界復興と後進の指導に貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android