正遷宮・上遷宮(読み)しょうせんぐう

大辞林 第三版の解説

しょうせんぐう【正遷宮・上遷宮】

神社で本殿の改築・修繕が完了し、神体を仮殿かりどのから本殿にうつすこと。 ⇔ かり遷宮

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐せんぐう シャウ‥【正遷宮・上遷宮】

〘名〙 神社の本殿の造営修理が終わって、神体が仮殿(かりどの)から本殿へ遷座すること。本殿から仮殿へ移すことを仮遷宮(下遷宮)というのに対していう。正遷座。
※二所太神宮例文(14C前‐中)二五「二所太神宮正遷宮臨時并仮殿遷宮次第」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android