コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

此の世ならず コノヨナラズ

デジタル大辞泉の解説

此(こ)の世(よ)なら◦ず

ほとんど死ぬほどである。
「―◦ずわづらひけり」〈著聞集・五〉
すばらしくて、とてもこの世のものとは思われないほどである。
「我が為の―◦ぬ財(たから)にこそありけれ」〈今昔・二九・三二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

このよならず【此の世ならず】

死んだも同然に。 「 - ・ずわづらひけり/著聞 5
この世のものと思われぬほど素晴らしい。 「 - ・ぬ財にこそありけれと/今昔 29
前世からの。また、来世までも。 「 - ・ぬ契りと存じ候/仮名草子・竹斎」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

此の世ならずの関連キーワード仮名草子此の世著聞

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android