コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

此の世ならず コノヨナラズ

デジタル大辞泉の解説

此(こ)の世(よ)なら◦ず

ほとんど死ぬほどである。
「―◦ずわづらひけり」〈著聞集・五〉
すばらしくて、とてもこの世のものとは思われないほどである。
「我が為の―◦ぬ財(たから)にこそありけれ」〈今昔・二九・三二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

このよならず【此の世ならず】

死んだも同然に。 「 - ・ずわづらひけり/著聞 5
この世のものと思われぬほど素晴らしい。 「 - ・ぬ財にこそありけれと/今昔 29
前世からの。また、来世までも。 「 - ・ぬ契りと存じ候/仮名草子・竹斎」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

此の世ならずの関連キーワード仮名草子此の世著聞

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android