コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

此処・此所・是・爰・茲 ここ

1件 の用語解説(此処・此所・是・爰・茲の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ここ【此処・此所・是・爰・茲】

( 代 )
近称の指示代名詞。話し手に近い場所・時・事柄などをさす語。この所。
話し手の現にいる場所。 「 -はどこだろう」 「以前-に来たことがある」
現在話題にしている場所・地点・箇所。 「次に急坂があって、-を過ぎれば山頂はすぐだ」 「昨夜、-まで読んだ」
現在話題にしている事柄・状態。 「 -のところをよく考えてくれ」
過去から経過してきた結果としての現在の状態。 「 -にめでたく華燭の典をあげられました」 「 -が思案のしどころ」 「事-に至る」
特にさし示すべき重要な事柄・状態。 「 -一番という時」 → ここぞここに
現在を含んだ、ある期間。現在を中心に過去にも未来にも用いる。 「 -数年、豊作続き」 「 -数日が山だ」
話し手が現在いる国。この国。また、この世。現世。 「唐土も-も思ふことに堪へぬ時のわざとか/土左」 「船の楽どもの舞ひ出でたるなど、大方-の事とは思し召さず/栄花 つぼみ花
人称代名詞のように用いる。
一人称。話し手自身をさす。この身。 「 -にも心にもあらでかく罷るに/竹取」
三人称。話し手の近くにいる人を敬意を込めていう。こちらの方。 「 -もかしこも、うちとけぬ限りの、けしきばみ心深き方の御いどましさに/源氏 末摘花

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone