武内 桂舟(読み)タケウチ ケイシュウ

20世紀日本人名事典の解説

武内 桂舟
タケウチ ケイシュウ

明治期の画家



生年
文久1年10月11日(1861年)

没年
昭和18(1943)年11月3日

出生地
紀州

出身地
江戸

本名
武内 鋠平

経歴
狩野永悳の養子となるが、独学で学び、硯友社作家の挿絵を数多く描く。明治23年中新聞に入社、43年まで勤める。この間、27年から博文館の諸雑誌で絵画主任を務め、代表作に巌谷小波こがね丸」の挿絵などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

武内 桂舟 (たけうち けいしゅう)

生年月日:1861年10月11日
明治時代の挿画家
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android