武富 時敏(読み)タケトミ トキトシ

20世紀日本人名事典の解説

武富 時敏
タケトミ トキトシ

明治・大正期の政治家 蔵相;貴院議員(勅選)。



生年
安政2年12月9日(1856年)

没年
昭和13(1938)年12月22日

出生地
肥前国(佐賀県)

別名
号=唇堂

経歴
明治初年東京に遊学し、のち佐賀の乱に加わったが無罪となる。その後再上京し大学南校に学び、また九州改進党結成に参加。16年佐賀県議となり、18年議長に就任。23年の第1回総選挙で当選し、3回から14回まで連続当選、大正13年貴院議員に勅選される。この間、農商務省商工局長、大蔵省参事官、内閣書記官長などを歴任し、のち逓信大臣、大蔵大臣に就任した。紅木屋侯爵のあだ名があった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

武富 時敏
タケトミ トキトシ


肩書
蔵相,貴院議員(勅選)

別名
号=唇堂

生年月日
安政2年12月9日(1856年)

出生地
肥前国(佐賀県)

経歴
明治初年東京に遊学し、のち佐賀の乱に加わったが無罪となる。その後再上京し大学南校に学び、また九州改進党の結成に参加。16年佐賀県議となり、18年議長に就任。23年の第1回総選挙で当選し、3回から14回まで連続当選、大正13年貴院議員に勅選される。この間、農商務省商工局長、大蔵省参事官、内閣書記官長などを歴任し、のち逓信大臣、大蔵大臣に就任した。紅木屋侯爵のあだ名があった。

没年月日
昭和13年12月22日

家族
息子=武富 敏彦(外交官)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

武富 時敏 (たけとみ ときとし)

生年月日:1855年12月9日
明治時代;大正時代の政治家。貴族院議員
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる