コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武川[村] むかわ

世界大百科事典 第2版の解説

むかわ【武川[村]】

山梨県北西部,北巨摩(きたこま)郡の村。人口3520(1995)。釜無川南岸,鳳凰山北麓を占め,北を大武川,南を小武川が東流して釜無川に注ぐ。村域の大半が山林であるが,東部の釜無川沿いの低地には水田が開かれている。農業主体であるが,近年米作,養蚕から果樹や野菜の栽培,酪農へと転換が進んだ。南アルプス国立公園の登山口にあたり,大武川の渓流には藪ノ湯温泉(含土類食塩泉,21℃)がある。実相寺の山高神代桜,万休院の舞鶴松はともに天然記念物。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android