コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武市 健人 タケチ タテヒト

20世紀日本人名事典の解説

武市 健人
タケチ タテヒト

昭和期の哲学者 大阪経済法科大学経済学部教授;元・神戸大学教授。



生年
明治34(1901)年5月1日

没年
昭和61(1986)年2月16日

出生地
高知県

学歴〔年〕
東北帝国大学哲学科〔昭和3年〕卒

経歴
昭和23年神戸大学教授、退官後、大阪経済法科大学教授。ヘーゲル哲学の精緻な研究に根ざしたマルクス読解、史的唯物論研究で知られ、戦後マルクス主義にも大きな影響を与えた。訳書にヘーゲル「大論理学」「歴史哲学」など。著書に「ヘーゲル論理学の世界」(全3巻)「武市健人全集」(全5巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

武市 健人の関連キーワード世界精神精神史

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android