武田 喜永(読み)タケダ ヨシナガ

20世紀日本人名事典の解説

武田 喜永
タケダ ヨシナガ

昭和・平成期の能楽師(宝生流シテ方) 宝生流職分。



生年
大正11(1922)年2月3日

没年
平成6(1994)年11月22日

出身地
東京都豊島区

本名
武田 正親

経歴
能楽師・武田光雲の嗣子として宗家17代目宝生九郎重英および野口兼資に師事し、昭和4年初舞台。その後、能楽協会理事などを歴任した。40年より日本能楽会会員。重要無形文化財(総合指定)保持者

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

武田 喜永
タケダ ヨシナガ


職業
能楽師(宝生流シテ方)

肩書
宝生流職分

本名
武田 正親

生年月日
大正11年 2月3日

出身地
東京都 豊島区

経歴
能楽師・武田光雲の嗣子として宗家17代目宝生九郎重英および野口兼資に師事し、昭和4年初舞台。その後、能楽協会理事などを歴任した。40年より日本能楽会会員。重要無形文化財(総合指定)保持者。

所属団体
日本能楽会

没年月日
平成6年 11月22日 (1994年)

家族
父=武田 光雲(宝生流シテ方)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android