武田 長兵衛(6代目)(読み)タケダ チョウベエ

20世紀日本人名事典の解説

武田 長兵衛(6代目)
タケダ チョウベエ

昭和期の実業家 武田薬品工業会長;大阪商工会議所副会頭。



生年
明治38(1905)年4月29日

没年
昭和55(1980)年9月1日

出生地
大阪府大阪市道修町

別名
幼名=鋭次郎

学歴〔年〕
慶応義塾高等部〔昭和2年〕卒

主な受賞名〔年〕
紺綬褒章〔昭和23年〕,藍綬褒章〔昭和37年〕

経歴
昭和2年家業の武田長兵衛商店(現・武田薬品工業)に入社、18年に社長に就任、49年から会長。戦後、経営の近代化やビタミン剤アリナミンの開発などで同社を業界最大手に育てたほか、業界、財界活動にも力を入れ、次期大商会頭の候補にもあがっていた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

武田 長兵衛(6代目) (たけだ ちょうべえ)

生年月日:1905年4月29日
昭和時代の実業家
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android