武者小路 公共(読み)ムシャノコウジ キントモ

20世紀日本人名事典「武者小路 公共」の解説

武者小路 公共
ムシャノコウジ キントモ

大正・昭和期の外交官,随筆家 駐ドイツ大使;日独協会会長。



生年
明治15(1882)年8月29日

没年
昭和37(1962)年4月21日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝大法科大学独法科〔明治40年〕卒

経歴
子爵武者小路実世の三男、作家実篤の実兄。明治40年外務省入省。外交官補となり上海総領事館、ドイツ大使館三等書記官、政務局第二課長、ベルギー大使館参事官、大正14年駐ルーマニヤ兼ユーゴ公使、昭和3年駐デンマーク兼スウェーデン公使などを経て8年駐トルコ大使、9年駐ドイツ大使となり、11年日独防共協定締結のに当たり、13年帰国して宮内省宗秩寮総裁となった。戦後公職追放となったが26年解除。雑誌「心」への寄稿など文筆に携わり、日独協会会長も務めた。著書に「滞欧八千一夜」「道草十万里」「外交裏小路」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「武者小路 公共」の解説

武者小路 公共 (むしゃのこうじ きんとも)

生年月日:1882年8月29日
大正時代;昭和時代の外交官。駐ドイツ大使;日独協会会長
1962年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android