コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武者小路 実篤 ムシャノコウジ サネアツ

1件 の用語解説(武者小路 実篤の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

武者小路 実篤
ムシャノコウジ サネアツ

明治〜昭和期の小説家,劇作家,随筆家,詩人,画家



生年
明治18(1885)年5月12日

没年
昭和51(1976)年4月9日

出生地
東京府麴町区元園町(現・東京都千代田区)

別名
筆名=無車,不倒翁

学歴〔年〕
東京帝国大学社会学科中退

主な受賞名〔年〕
菊池寛賞(第2回)〔昭和14年〕,文化勲章〔昭和26年〕,文化功労者〔昭和27年〕

経歴
学習院時代、トルストイに傾倒し、また志賀直哉木下利玄らを知り、明治43年「白樺」を創刊し、白樺派の代表作家となる。41年「荒野」を刊行。白樺時代の作品としては「お目出たき人」「世間知らず」「わしも知らない」「その妹」などがある。この頃、自由と自然を愛し、人道主義を主張して15人の同志と宮崎に“新らしき村”を大正7年につくったが、14年に村を離れねばならなかった。この間、「幸福者」「友情」「第三隠者の運命」「或る男」「愛慾」などをのこした。昭和に入ってからは絵筆に親しむことが多く「湖畔の画商」などの美術論、「二宮尊徳」などの伝記、「幸福な家族」などの家庭小説や「無車詩集」などがある。14年、新たに“新らしき村”を埼玉につくる。戦後は公職追放の処分をうけたが、24年「心」を創刊し、「真理先生」を連載して文壇にカムバックし、晩年には「一人の男」を完成させた。また画家としても多くの作品をのこした。「武者小路実篤全集」(全25巻 新潮社)、「武者小路実篤全集」(全18巻 小学館)がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武者小路 実篤の関連情報