コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武英殿 ぶえいでん

大辞林 第三版の解説

ぶえいでん【武英殿】

中国、清の北京宮中の殿閣の名。乾隆年間(1736~1795)にここで「十三経」「二十二史」などが校刻され、木活字印刷の叢書が刊行された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

武英殿の関連キーワード武英殿聚珍版叢書大清一統志故宮博物院殿閣学士農桑輯要四庫全書張瑞図紫禁城きん輔張居正辺文進杭世駿黄道周王引之正史叢書殿閣楊溥夏言呂紀

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android