コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵村山市と鉄道

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

武蔵村山市と鉄道

戦前に砂利運搬などを目的にした軽便鉄道が市内を通っていたものの、人を運ぶ鉄道が走ったことはない。明治後期、大正、昭和30年代ころに、民間による鉄道敷設計画が持ち上がったが、どれも採算が見込めないことなどから頓挫。多摩都市モノレールの市内延伸が地元の悲願だが、92年に市内を横断することになる次期整備路線に決定されたものの、モノレール経営の悪化などから計画は具体化していない。

(2006-10-25 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android