武藤 清(読み)ムトウ キヨシ

20世紀日本人名事典の解説

武藤 清
ムトウ キヨシ

昭和期の建築学者 武藤構造力学研究所所長;東京大学名誉教授。



生年
明治36(1903)年1月29日

没年
平成1(1989)年3月12日

出生地
茨城県取手市

学歴〔年〕
東京帝国大学工学部建築学科〔大正14年〕卒

学位〔年〕
工学博士

主な受賞名〔年〕
日本建築学会賞(学術賞)〔昭和13年〕「材端に剛域を有するラーメンの地震力に依る応力の略算法」,日本建築学会賞(学術高揚)〔昭和36年〕「わが国地震工学の国際的高揚」,日本学士院賞恩賜賞〔昭和39年〕「耐震構造に関する研究」,科学技術庁長官賞科学技術功労者表彰〔昭和43年〕「超高層ビルの耐震構造とその建築工法の開発」,日本建築学会大賞〔昭和45年〕「耐震工学に関する研究」,文化功労者〔昭和54年〕,全国発明表彰(恩賜発明賞)〔昭和55年〕「複合隙間壁体構造を用いた柔構造物の発明」,文化勲章〔昭和58年〕,米国地震工学会特別賞〔昭和59年〕

経歴
関東大震災直後から耐震構造の研究を始め、強震計や専用計算機を開発、この結果“柔構造”理論を生み出す。昭和2年東京帝大助教授、10年教授、35年工学部長を歴任。38年東大退官後は鹿島建設副社長となり、43年日本初の超高層ビル、霞が関ビルを設計、完成に導いた。ついで世界貿易センタービルも設計。38年国際地震工学会初代会長。44年武藤構造力学研究所長。他に日本建築学会会長をはじめ数多くの役職を歴任。54年文化功労者、58年文化勲章受章。著書に「構造設計法」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

武藤 清 (むとう きよし)

生年月日:1903年1月29日
昭和時代の建築学者。武藤構造力学研究所所長
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android