コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武装組織ファタハ・イスラムとレバノン政府軍の戦闘

1件 の用語解説(武装組織ファタハ・イスラムとレバノン政府軍の戦闘の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

武装組織ファタハ・イスラムとレバノン政府軍の戦闘

今年5月、ナハル・アルバーリドのパレスチナ難民キャンプを拠点に活動していた武装組織ファタハ・イスラムレバノン政府軍との間で戦闘が始まり、政府軍は9月2日にキャンプを制圧した。民間人42人を含む約500人が死亡。75〜90年のレバノン内戦以降、最悪の国内衝突になった。レバノン政府の試算では、同難民キャンプの復興費用は約4億ドル(460億円)、最短でも2年はかかる。

(2007-10-04 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武装組織ファタハ・イスラムとレバノン政府軍の戦闘の関連キーワードパレスパレストリーナパレスチナ難民パレスチナの人口動態ファタハ・イスラムスターリングシルバープールバーパレスチナ暫定自治合意PLAPLF

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone