コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武野紹鴎・武野紹鷗 たけのじょうおう

大辞林 第三版の解説

たけのじょうおう【武野紹鴎・武野紹鷗】

1502~1555) 室町末期の茶匠・富商。堺の人。村田珠光系の茶道を学び、侘びの境地を茶道の理想として小座敷の数寄屋を考案、千利休らに深い影響を与えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

武野紹鴎・武野紹鷗の関連キーワード小座敷数寄屋考案富商茶道境地

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android