歳寒くして松柏の凋むに後るるを知る(読み)としさむくしてしょうはくのしぼむにおくるるをしる

大辞林 第三版の解説

としさむくしてしょうはくのしぼむにおくるるをしる【歳寒くして松柏の凋むに後るるを知る】

〔「論語子罕」による。寒い冬に他の植物がしおれても松柏の葉は緑の色を保っているという意から〕
困難苦労に出合って初めて人の真価がわかる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android