コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史と文化の環境税

1件 の用語解説(歴史と文化の環境税の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

歴史と文化の環境税

歴史的な文化遺産観光資源の保全・整備を図ろうと、太宰府市が2003年5月から、主に観光客向け有料駐車場の事業者を対象に課している法定外普通税。通称「駐車場税」。税額は駐車1回ごとに二輪車50円、乗用車100円、マイクロバス300円、大型バス500円。

(2010-10-22 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歴史と文化の環境税の関連情報