コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史と文化の環境税

1件 の用語解説(歴史と文化の環境税の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

歴史と文化の環境税

歴史的な文化遺産観光資源の保全・整備を図ろうと、太宰府市が2003年5月から、主に観光客向け有料駐車場の事業者を対象に課している法定外普通税。通称「駐車場税」。税額は駐車1回ごとに二輪車50円、乗用車100円、マイクロバス300円、大型バス500円。

(2010-10-22 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone