コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死刑・無期懲役事件の再審無罪

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

死刑・無期懲役事件の再審無罪

「開かずの扉」と言われてきた再審の門戸が広がったのは、最高裁が1975年の白鳥決定で、「疑わしきは被告人の利益に」という原則を再審にも適用するとの判断を示してからだ。これをきっかけに、80年代には免田、財田川、松山、島田の4事件の再審で死刑囚が無罪となった。戦後に死刑か無期懲役が確定しながら、白鳥決定以降に再審無罪となったのは、東電女性社員殺害事件で8件(9人)目となる。

(2012-11-07 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android