死因解明の議論と法整備

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

死因解明の議論と法整備

時津風部屋事件と、06年に発覚したガス瞬間湯沸かし器の一酸化炭素中毒事故を契機に12年、「死因究明推進法」が議員立法で成立。13年には「死因・身元調査法」が施行され、事件性が低いと見られる遺体も、警察署長の判断で解剖できるようになった(新法解剖)。愛知県内では近年、新法解剖は年間60~80体で推移。解剖数全体の2割を占めているという。

(2017-12-30 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死因解明の議論と法整備の関連情報