コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殆し・幾し ほとほとし

大辞林 第三版の解説

ほとほとし【殆し・幾し】

( 形シク )
もう少しでそうなるところである。すんでのことで…しそうだ。 「ゆくりなく風吹きて、漕げども漕げども、後しりへしぞきにしぞきて、-・しくうちはめつべし/土左」
危険がさし迫っている。無事に済みそうもない。 「かぞへの頭かみが-・しかりけむなどぞ、かの監がゆゆしさを思しなすらへ給ふ/源氏
生命があぶない。危篤である。 「 - ・しきさまに見ゆれば、誠にさわぎまどひて/宇治拾遺 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android