コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残土条例

1件 の用語解説(残土条例の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

残土条例

建設残土への産業廃棄物の混入が問題化する中、不法投棄歯止めをかけようと、沼田県政時代の98年、都道府県としては全国で初めて施行された。ただ10市2町は県条例の適用除外を受け、「周辺住民の同意」を許可要件に加えるなど独自に規制を強化している。県は、残土を受け入れたい地権者や地権者の同意を取り付けた業者の財産権の侵害になりかねないとして、さらなる規制強化には慎重だ。

(2009-03-05 朝日新聞 朝刊 千葉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残土条例の関連キーワード一般廃棄物産業廃棄物感染性廃棄物産業廃棄物処理施設産業廃棄物税産廃税安定型産廃最終処分場管理型産業廃棄物最終処分場産廃特措法(特定産業廃棄物支障除去特別措置法)廃棄物のリサイクル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

残土条例の関連情報