コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留性有機汚染物質(POPs)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

残留性有機汚染物質(POPs)

環境中で分解されにくく油脂に溶けやすい有害物質。大気中を長距離移動し、生物の体内に蓄積しやすい性質がある。01年にストックホルムで採択された条約で、ポリ塩化ビフェニール(PCB)やダイオキシン類など12物質が指定された。有機臭素系化合物は現在、対象物質に追加するかどうか議論が始まったばかり。

(2006-07-26 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

残留性有機汚染物質(POPs)の関連キーワード飛蝗効果・蝗虫効果・バッタ効果残留性有機汚染物質条約ポリ塩化ビフェニルストックホルム条約エコチル調査POPs条約地球環境科学ポップス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android