コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約

生物体内に蓄積しやすく、有害な影響を及ぼす恐れのある化学物質から、健康や環境を守るための条約。対象物質の製造・使用の原則禁止や排出削減などを規定発効は04年。外務省によると162カ国と欧州連合締結(5月現在)。日本の拠出金は06~11年で総額約490万ドルの見込み。政府は9物質の追加を受け、化学物質審査規制法などに基づく政令を変える方針。

(2009-06-18 朝日新聞 夕刊 環境)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約の関連キーワードストックホルム条約ポリ塩化ビフェニルPOPs条約

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約の関連情報