コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約

生物体内に蓄積しやすく、有害な影響を及ぼす恐れのある化学物質から、健康や環境を守るための条約。対象物質の製造・使用の原則禁止や排出削減などを規定発効は04年。外務省によると162カ国と欧州連合締結(5月現在)。日本の拠出金は06~11年で総額約490万ドルの見込み。政府は9物質の追加を受け、化学物質審査規制法などに基づく政令を変える方針。

(2009-06-18 朝日新聞 夕刊 環境)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約の関連キーワードポリ塩化ビフェニルストックホルム条約POPs条約

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android