コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留放射線

1件 の用語解説(残留放射線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

残留放射線

原爆の放射線は、爆発から1分以内に放出された初期放射線と、その後の残留放射線に分けられる。残留放射線は、初期放射線にさらされた土や建物などや、「黒い雨」「死の灰」といわれる放射性降下物から出た。

(2011-12-13 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残留放射線の関連キーワード放射線影響研究所放射能恒星風スカイシャインバックグラウンド放射線ランベルトの放射の法則DS86外部被曝と内部被曝原爆症認定の新旧基準被爆と被曝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

残留放射線の関連情報