コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留放射線

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

残留放射線

原爆の放射線は、爆発から1分以内に放出された初期放射線と、その後の残留放射線に分けられる。残留放射線は、初期放射線にさらされた土や建物などや、「黒い雨」「死の灰」といわれる放射性降下物から出た。

(2011-12-13 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残留放射線の関連情報