残留農薬のポジティブリスト制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

残留農薬のポジティブリスト制度

国内外で使われるすべての農薬について、「原則として使用規制をかける」という考え方に基づいて、個別残留農薬基準か0・01ppmの一律基準を設定する。基準値を超える食品流通、販売などが禁止される。0・01ppmは、小学校の25メートルプール(25メートル×12メートル×1メートル)に塩ひとつまみ、約3グラムを入れた程度の濃度。これまでは、原則として規制を設けず、規制する農薬だけをリスト化する「ネガティブリスト」を採用していた。

(2006-05-21 朝日新聞 朝刊 群馬県央 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android