コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留農薬のポジティブリスト制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

残留農薬のポジティブリスト制度

国内外で使われるすべての農薬について、「原則として使用規制をかける」という考え方に基づいて、個別残留農薬基準か0・01ppmの一律基準を設定する。基準値を超える食品流通、販売などが禁止される。0・01ppmは、小学校の25メートルプール(25メートル×12メートル×1メートル)に塩ひとつまみ、約3グラムを入れた程度の濃度。これまでは、原則として規制を設けず、規制する農薬だけをリスト化する「ネガティブリスト」を採用していた。

(2006-05-21 朝日新聞 朝刊 群馬県央 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android