残留農薬のポジティブリスト制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

残留農薬のポジティブリスト制度

国内外で使われるすべての農薬について、「原則として使用規制をかける」という考え方に基づいて、個別残留農薬基準か0・01ppmの一律基準を設定する。基準値を超える食品流通、販売などが禁止される。0・01ppmは、小学校の25メートルプール(25メートル×12メートル×1メートル)に塩ひとつまみ、約3グラムを入れた程度の濃度。これまでは、原則として規制を設けず、規制する農薬だけをリスト化する「ネガティブリスト」を採用していた。

(2006-05-21 朝日新聞 朝刊 群馬県央 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android