コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺し屋「ポパイ」 ころしや ぽぱい Killer 'Popeye'

1件 の用語解説(殺し屋「ポパイ」の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

殺し屋「ポパイ」

コロンビアの麻薬組織「メデジン・カルテル(Medellin Cartel)」の幹部だったジョン・ハイロ・ベラスケス・バスケスの通称。1989年、コロンビア大統領選での勝利が予想されていたルイスカルロスガラン候補を射殺したとして、92年に逮捕され禁錮30年の有罪判決を受けた。服役中、地元メディアへのインタビューで、300人を殺害し、3000人の殺害にも関与したと明言。また、メデジン・カルテルの首領だった故パブロ・エスコバルの命令により、自らの恋人を殺害しており「悲劇の殺し屋」としても知られている。2014年、司法取引検察側の証人として証言したことにより、同年8月26日、52歳でコロンビア・コンビタの刑務所から釈放された。

(2014-9-2)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殺し屋「ポパイ」の関連キーワードコロンビア海盆コロンビア学派コロンビア特別区麻薬問題[ラテンアメリカ]カリ・カルテルメデジン・カルテルプラン・コロンビア闇カルテルコロンビア峡谷コロンビアの麻薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone