コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殺鬼・刹鬼 せっき

大辞林 第三版の解説

せっき【殺鬼・刹鬼】

人を殺し、物を滅ぼす恐ろしいもの。羅刹。無常の理ことわりにたとえても用いる。 「されども無常の-情なく別離の苦患くげんは遁のがれ難し/沙石 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android