コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母子死傷事故

1件 の用語解説(母子死傷事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

母子死傷事故

横浜市瀬谷区で02年1月、走行中の三菱自動車トレーラーの左前輪が外れ、歩道を歩いていた神奈川県大和市の岡本紫穂さん(当時29)を直撃。岡本さんは死亡し、一緒にいた長男とベビーカーに乗っていた次男もけがをした。車軸と車輪をつなぐ金属部品「ハブ」が破断していた。起訴されたのは、同社の村川洋・元市場品質部長(61)と、三木広俊・元同部グループ長(59)。検察側は元部長に禁固2年、元グループ長に禁固1年6カ月を求刑したが、2人は無罪を主張している。

(2007-12-02 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

母子死傷事故の関連キーワード瀬谷区横浜市横浜市立大学戸塚瀬谷三菱欠陥車をめぐる三つの刑事裁判三菱自をめぐる裁判三菱自動車をめぐる刑事裁判三菱自動車