コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母斑とは/母斑症 ぼはんとはぼはんしょう (Nevus / Phacomatosis)

1件 の用語解説(母斑とは/母斑症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぼはんとはぼはんしょう【母斑とは/母斑症 (Nevus / Phacomatosis)】

◎母斑とは
 母斑(あざ)は、生まれつき、あるいは生後のいろいろな時期にできる、限局性の(場所が限られた)皮膚の色や形の異常です。
 ある程度まで徐々に大きくなり、その後変化しないことが多いのですが、自然に消えるものもあります。
 母斑の原因は、胎生期(たいせいき)の発生異常でできた細胞が、いろいろな時期に増殖するためと考えられています。
◎母斑症とは
 母斑症は、皮膚に「あざ」がたくさんできるだけでなく、脳や目、その他の内臓にさまざまな病変をともなうものです。「あざ」と同様、いろいろな時期に病変がおこります。
 その多くは皮膚と中枢神経系に異常をおこすため、神経皮膚症候群(しんけいひふしょうこうぐん)とも呼ばれます。遺伝する母斑症もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

母斑とは/母斑症の関連キーワード色素性母斑ほくろ母斑レックリングハウゼン病生まれ立ち黒痣生得鮮烈生れ付く

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone