コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母斑細胞母斑(色素性母斑/ほくろ/黒あざ) ぼはんさいぼうぼはんしきそせいぼはんほくろくろあざNevocellular Nevus, Nevus Cell Nevus

家庭医学館の解説

ぼはんさいぼうぼはんしきそせいぼはんほくろくろあざ【母斑細胞母斑(色素性母斑/ほくろ/黒あざ) Nevocellular Nevus, Nevus Cell Nevus】

[どんな病気か]
 俗に「ほくろ」「黒あざ」と呼ばれているのが、母斑細胞母斑です。メラニン色素をつくる細胞が、皮膚で異常に増えてできます。色は、褐色から黒色で、境界がはっきりし、大きさ、形はさまざまです。盛り上がっていることも、平らなこともあります。表面はなめらかなことも、でこぼこのこともあります。
 平らで大きいもの(黒あざ(「母斑細胞母斑(色素性母斑/黒あざ/ほくろ)」))は、先天性のことが多く、後天性のものは、通常、小さくて隆起しています(ほくろ)。表面に毛が生えている有毛性母斑(ゆうもうせいぼはん)や、からだの広い範囲に有毛性色素斑ができる獣皮様母斑(じゅうひようぼはん)などもあります。
 先天性の巨大な母斑細胞母斑は、そこに悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)(ほくろのがん)ができることが多いため、注意が必要です。それ以外の母斑細胞母斑から悪性黒色腫ができることはまれです。しかし、色素斑が急に大きくなったり、出血したり、潰瘍(かいよう)ができたりしたときは、悪性黒色腫の初期である可能性があります。早めに皮膚科の専門医を受診してください。
[治療]
 大きさや部位によって、治療法は異なります。悪性化する可能性や美容上の問題がなければ、放置します。治療の基本は切除です。大きい場合は植皮術をします。電気凝固(でんきぎょうこ)やレーザー照射をすることもあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android