コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母斑細胞母斑(色素性母斑/黒あざ/ほくろ) ぼはんさいぼうぼはんしきそせいぼはんくろあざほくろ Nevocellular Nevus, Nevus Cell Nevus

1件 の用語解説(母斑細胞母斑(色素性母斑/黒あざ/ほくろ)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぼはんさいぼうぼはんしきそせいぼはんくろあざほくろ【母斑細胞母斑(色素性母斑/黒あざ/ほくろ) Nevocellular Nevus, Nevus Cell Nevus】

[どんな病気か]
 母斑細胞母斑ないし色素性母斑は、皮膚の表面(表皮内)および真皮(しんぴ)内の母斑細胞からなる良性のあざです。
 大きさと形はさまざまで、色は褐色ないし黒色です。表面は、平らのもの、軽く隆起(りゅうき)したもの、でこぼこしたものとさまざまです。
 あざのなかではもっとも一般的にみられるもので、健常な人でも最低2~3個の母斑細胞母斑があるといわれています。平均は14~15個です。
 出生時すでにみられるものを先天性母斑(せんてんせいぼはん)、生後のいろいろな時期から現われるものを後天性母斑(こうてんせいぼはん)といいます。
 一般的には、その大きさによって、ほくろないし黒(くろ)あざと呼ばれています。
 長径が20cm以上にもなる大きな黒あざは、巨大色素性母斑(きょだいしきそせいぼはん)で、しばしば濃い毛が生えています。
 なお、黒いあざが急に増大する、変形する、境界が不鮮明になり黒い色がしみだしたようにみえる、炎症をおこして赤くなる、出血する、一部が隆起する、潰瘍(かいよう)ができる、などの場合は悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)の疑いがあります。早めに専門医の診察を受けましょう。
[治療]
 小さいものは、放置しておいてもかまいません。年月とともに盛り上がってくる場合は、整容のためにレーザー治療や切除を行なってもよいでしょう。
 ただし、巨大色素性母斑の場合は、その一部から悪性黒色腫が発症してくることがまれにあります(巨大色素性母斑全体の5~6%の確率です)から、注意しましょう。
 大きな黒あざは、子どもにとって精神的なハンディキャップになることが多いですから、手術治療を行なうのが望ましいでしょう。
 手術方法には、何回かに分けて縫い縮めていく方法、からだのほかの場所から皮膚を移植する方法(植皮術(しょくひじゅつ))や、皮膚の下に特殊な風船を入れてそれをふくらませ、伸びた皮膚で病変部をおおう方法(スキンエキスパンダー法)、隣接した皮膚をもちあげて患部をおおう方法(皮弁術(ひべんじゅつ))などがあります。病変の大きさや部位、形などからふさわしい方法が選択されます。手術時期は、3歳以降が適当です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

母斑細胞母斑(色素性母斑/黒あざ/ほくろ)の関連キーワード悪性黒色腫色素性母斑ほくろ母斑レックリングハウゼン病黒痣何心地不死身プリマドンナ病は気から

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone