コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毎時0.23マイクロシーベルト

1件 の用語解説(毎時0.23マイクロシーベルトの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

毎時0.23マイクロシーベルト

国際放射線防護委員会(ICRP)は、自然放射線や医療による被曝(ひばく)を除いた平常時の一般住民の被曝限度を年間1ミリシーベルトとしている。国はこの数値を第一原発事故による個人の追加被曝線量の長期目標としている。また、空間線量が毎時0.23マイクロシーベルトで、1日の8時間を屋外、16時間を木造家屋内で過ごした人の追加被曝が年間1ミリに相当すると推計。0.23マイクロ以上の地域の除染費用を東電に負担させており、多くの自治体が除染の目安としている。

(2015-03-12 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毎時0.23マイクロシーベルトの関連キーワード福島第一原発事故追加被曝線量公衆被曝線量限度放射性物質汚染対処特措法原発事故の防災対策重点区域原発事故調査・検証委員会住民の避難計画集団線量東電によるトラブル隠し毎時0・23マイクロシーベルト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毎時0.23マイクロシーベルトの関連情報