比例区の当選の決まり方

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

比例区の当選の決まり方

比例区は政党名で投票し、各党が届け出た名簿順位を基に当選者が決まる。獲得議席数は「ドント式」で配分される。政党の総得票を1、2、3……と整数で割った値(ドント商)が大きい順に議席を割り振る。比例区には小選挙区に出た人も立候補でき、各党はそうした重複候補を名簿の同順位に並べることが可能。小選挙区で当選すれば名簿から抜け、小選挙区の落選者と比例区だけの候補が名簿に残ることになる。同順位に複数の候補が残った場合、小選挙区での得票が当選者にどれだけ迫ったかを示す「惜敗率」の高い順から当選者が決まる。

(2009-08-31 朝日新聞 朝刊 特設A)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android