コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛囊炎 もうのうえん folliculitis

1件 の用語解説(毛囊炎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もうのうえん【毛囊炎 folliculitis】

毛包炎ともいう。黄色ブドウ球菌の感染によるものが大部分で,毛口および毛包表皮部に膿疱を形成する。毛包に一致した紅色の丘疹で始まり,膿疱に変わる。ときに疼痛があり,約1週間で乾燥,治癒するが,成人男子の須毛(ひげ)部に生じると尋常性毛瘡となり,治りにくいことがある。搔破(そうは)(ひっかき傷),不潔な生活,ODT(密封)療法などが誘因となりやすい。(せつ)なども,この毛囊炎の一種である。また,にきび(尋常性痤瘡(ざそう))とは臨床症状からは区別できない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毛囊炎の関連キーワードアンギーナ骨髄炎黄色ブドウ球菌メチシリン耐性黄色ブドウ球菌メチシリン耐性黄色葡萄球菌黄色葡萄球菌葡萄球菌線虫感染衛星現象(細菌培養)MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)感染症

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone