コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛沢東の評価

1件 の用語解説(毛沢東の評価の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

毛沢東の評価

建国の英雄として評価は揺るがないが、50年代末の大躍進運動や66~76年の文化大革命(文革)では餓死や粛清などで数千万人の犠牲者を生んだ。中国共産党は81年6月に採択した決議で文革を「党と国家と各民族人民に多大な災難をもたらした内乱」と否定したが、毛沢東自身については「功績が第一で誤りが第二」と位置づけた。辛酸をなめた世代がいるため毛沢東を手放しで礼賛する傾向は少ないが、毛沢東の尊厳を汚すような言動は許されないとの認識が一般的だ。

(2009-09-28 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛沢東の評価の関連キーワードオルガナイザー偶像化草も揺るがず再評価揺るがす揺るぎ揺るぎ無い類がない草木も揺るがず芸がない

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毛沢東の評価の関連情報