コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民主党と北陸新幹線

1件 の用語解説(民主党と北陸新幹線の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

民主党と北陸新幹線

前原誠司国交相(当時)は政権交代後の09年10月、北陸など整備新幹線の未着工3区間で、「新規着工を目指す」とした前政権の合意を白紙撤回する考えを示した。さらに同年12月、(1)安定財源の確保(2)採算性(3)時間短縮などの投資効果(4)JRの同意(5)並行在来線の経営分離に地元自治体が同意していること――の「基本5条件」をクリアしない限り、新規着工は認めないとした。前原氏は北陸新幹線については敦賀以西ルートの見通しも条件に付け加えている。馬淵澄夫・前国交相は昨年12月21日の記者会見で、県内延伸など未着工3区間の着工判断を見送った。

(2011-02-09 朝日新聞 朝刊 福井全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民主党と北陸新幹線の関連キーワード気運国交相レジームチェンジ川上ダム城原川ダム計画の経緯個所付け高速道路の新料金体系高速道路の休日上限1千円制度高速道路の新料金制度保育制度改革案

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone