コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民事法律扶助制度

1件 の用語解説(民事法律扶助制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

民事法律扶助制度

収入や資産が少ない人の法的トラブルを解決するためのサービス。単身で月収18万2千円以下、保有資産180万円以下といった要件を満たせば利用できる。無料法律相談のほか、裁判や調停、交渉などの「代理援助」、裁判所に出す書類を作る「書類作成援助」がある。弁護士司法書士の費用を法テラス立て替え、返済は無利息で月5千円~1万円ずつが原則。生活保護受給者は返済免除となる場合もある。

(2013-06-20 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民事法律扶助制度の関連キーワードトラブルシューティングトラブルトラブルメーカー方途和談策を施す手掛りトラブ・るトラブルシューターADR(裁判外紛争処理制度)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

民事法律扶助制度の関連情報