コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民法の使用者責任と改正暴力団対策法

1件 の用語解説(民法の使用者責任と改正暴力団対策法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

民法の使用者責任と改正暴力団対策法

民法は「使用者は、被用者(雇われている人)が事業の執行について第三者に加えた損害の賠償責任を負う」と定めている。暴力団の代表者への損害賠償責任の追及は、この規定に基づいて可能となる。08年に実施された改正暴力団対策法で、抗争事件での巻き添えだけでなく、組員が暴力団の威力を利用した資金獲得活動で他人の生命や財産を侵害した場合も、組織の代表者に賠償責任を負わせられるようになった。

(2011-05-02 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民法の使用者責任と改正暴力団対策法の関連キーワード使用者イメージ休業手当身元保証使用人被用者保険雇われ打切補償被用者団体年金保険解雇予告義務

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone