コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民間被害者支援団体

1件 の用語解説(民間被害者支援団体の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

民間被害者支援団体

交通事故被害者の遺族の発言をきっかけに98年、8団体が結成され、現在は全国40都道府県に42を数える。うち社団法人は大分を含めて17。都道府県の公安委員会から認定され、警察から直接情報提供を受けられる「早期援助団体」は9で、この中で寄付金の税額が控除される「特定公益増進法人」は東京、愛知の2団体。全国で計約1千人の弁護士臨床心理士社会福祉士ら専門家とボランティアが活動する。

(2006-10-08 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

民間被害者支援団体の関連キーワード交通事故石綿新法切っ掛ける交通事故証明書自動車運転過失致死傷罪犯罪被害者補償制度大阪被害者支援アドボカシーセンター(財)交通事故紛争処理センター被害者請求(自賠責保険)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone