コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気のいい火山弾

1件 の用語解説(気のいい火山弾の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

気のいい火山弾

ある死火山のすそ野に、「ベゴ」とあだ名をつけられた大きな黒い石があった。おだやかな性格で、一度も怒ったことのないベゴ石を、周りの石や草花などはからかったり、悪口を言ったりして遊んでいた。物語の最後で、ベゴ石は学者に大切な標本として見いだされ、東京の大学に運ばれていく。文学碑には、ベゴ石の上に生えたコケがベゴ石を馬鹿にして歌ったのに対し、ベゴ石が贈った歌を刻む。「お空。お空。お空のちちは」で始まる。柳沢に賢治の碑を建てる会は、「火山弾が飛んでくる地域は岩手山東側の柳沢地区」などとして、同地区を物語の舞台とみている。

(2007-08-19 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気のいい火山弾の関連キーワードあだ名大山黒川温泉裳裾側火山死火死火山真珠湾裾合消火山

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone