気仙沼[市](読み)けせんぬま

百科事典マイペディアの解説

気仙沼[市]【けせんぬま】

宮城県北東部岩手県境にあり,唐桑半島を占める市。1953年市制。大船渡(おおふなと)線が通じ,気仙沼線が分岐する。気仙沼湾奥に発達した市街は昭和30年代以降,魚市場,漁港,水産加工団地などの整備が進み,塩釜,石巻と並ぶ大漁港である。三陸沖のサンマカツオ,マグロの水揚げが多く,水産加工,カキの養殖も盛ん。湾口の大島など海岸部は三陸復興国立公園に属する。2006年3月本吉郡唐桑町を,2009年9月本吉郡本吉町を編入東日本大震災で,市内において被害が発生。332.44km2。7万3489人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けせんぬま【気仙沼[市]】

宮城県北東端,岩手県境に位置する市。1953年気仙沼町,鹿折(ししおり)町,松岩村が合体,市制。人口6万2999(1995)。南東は太平洋に面し,内に気仙沼湾を抱く。港奥に中心市街地気仙沼があり,湾口の大島が太平洋の風波をさえぎる。北・西部は北上高地に属する山地である。気仙沼の地名は《延喜式》に記された計仙麻神に由来するとも,アイヌ語の〈ケセムイ〉〈ケセモイ〉の転訛ともいわれる。平泉の藤原氏三代(奥州藤原氏)が栄えたころ,気仙沼は海運の門戸として利用され,また,鹿折金山(現在は閉山)の本吉金が平泉文化を支えたといわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android