コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気仙沼[市] けせんぬま

2件 の用語解説(気仙沼[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

気仙沼[市]【けせんぬま】

宮城県北東部岩手県境にあり,唐桑半島を占める市。1953年市制。大船渡(おおふなと)線が通じ,気仙沼線が分岐する。気仙沼湾奥に発達した市街は昭和30年代以降,魚市場,漁港,水産加工団地などの整備が進み,塩釜,石巻と並ぶ大漁港である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けせんぬま【気仙沼[市]】

宮城県北東端,岩手県境に位置する市。1953年気仙沼町,鹿折(ししおり)町,松岩村が合体,市制。人口6万2999(1995)。南東は太平洋に面し,内に気仙沼湾を抱く。港奥に中心市街地気仙沼があり,湾口の大島が太平洋の風波をさえぎる。北・西部は北上高地に属する山地である。気仙沼の地名は《延喜式》に記された計仙麻神に由来するとも,アイヌ語の〈ケセムイ〉〈ケセモイ〉の転訛ともいわれる。平泉の藤原氏三代(奥州藤原氏)が栄えたころ,気仙沼は海運の門戸として利用され,また,鹿折金山(現在は閉山)の本吉金が平泉文化を支えたといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

気仙沼[市]の関連キーワード間ノ岳北上川雫石川室根山五色温泉日立荒川峡八幡沼被災地のがれきがれきの広域処理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone