気味合い・気味合(読み)きみあい

大辞林 第三版の解説

きみあい【気味合い・気味合】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
気持ち。気分。おもむき。また、ある種の気分やおもむきのあるさま。 「少々風邪の-で/雪中梅 鉄腸」 「時も時折も折、わがみと俺が立合とは、はて-な事ぢやの/浄瑠璃・関取千両幟」
互いに相手の心中を探り合うこと。多く、歌舞伎の演出にいう。 「 -の見得みえ」 「 -の思い入れ」
特別の事情・わけ。特に、情交関係。 「 -のあつた仲だあな/滑稽本・箱根草」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android