気色許り(読み)ケシキバカリ

デジタル大辞泉の解説

けしき‐ばかり【気色許り】

[連語]しるしばかり。ほんの形だけ。
「琵琶をうち置きて、ただ―弾きかけて」〈・若菜下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けしきばかり【気色許り】

ほんの形だけ。ごくわずか。しるしばかり。 「朝餉あさがれいの-ふれさせ給ひて/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android